【R言語】ベクトル値とベクトル値の四則演算3

こんにちは!まさみちです!

ここまで二回に分けてベクトル値とベクトル値の四則演算をやってきました!

ベクトル値とベクトル値の四則演算1
ベクトル値とベクトル値の四則演算2

今日も、ベクトル値の要素数を変えてみましょう!
ベクトル値(要素数2個)とベクトル値(要素数4個)の四則演算をやってみようと思います。
まずは、aは、ベクトル値(要素数2個)
    bは、ベクトル値(要素数4個)の場合どうなるでしょう?

一体どういう結果を返してくれるのでしょうか?


入力したコード
a<-c(3,5) #aにベクトル値を代入
a #aを表示
b<-c(1,2,3,4) #bにベクトル値を代入
b #bを表示
c<-a*b #掛け算
c #cを表示
d<- a-b #引き算
d  #dを表示
e<- a+b #足し算
e  #eを表示
f<-a/b #割り算
f #fを表示

さぁ一体どういう結果になるでしょうか?
予測してみて下さい!

コンソールに表示される値
 
> a<-c(3,5) #aにベクトル値を代入
> a #aを表示[1] 3 5
> b<-c(1,2,3,4) #bにベクトル値を代入
> b #bを表示
[1] 1 2 3 4
> c<-a*b #掛け算
> c #cを表示
[1] 3 10 9 20
> d<- a-b #引き算
> d #dを表示
[1] 2 3 0 1
> e<- a+b #足し算
> e #eを表示
[1] 4 7 6 9
> f<-a/b #割り算
> f #fを表示
[1] 3.00 2.50 1.00 1.25
 

今回は、うまく行きました!

ある程度、規則性が分かってきました。
次回詳しく解説します。

ブログ村やっています!ぽちっとお願いします!





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック